background movie
HOME カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

RED EYE

Author:RED EYE
RED EYEです。
登山、ゴルフ、アクアリウム等、
趣味の事を綴っています。

アクセス
最新記事 最新コメント 最新トラックバック
月別アーカイブ カテゴリ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイヤモンドトレイル 大阪府チャレンジ登山大会 2016年4月10日

先日、岳連のダイトレチャレンジ登山大会に参加してきました。

金剛山、岩湧山以外は行ったことのない金剛山地のトレイル。

機会が無くて行けてなかったダイトレに、ようやく行くことが出来ました。

私の所属する山岳会の先輩、Tokuさんと2人で臨んだ今大会。

キッカケは双門に行きましょうと誘ったところ、この大会に出るとの事でした。

どうせ暇だし付き合います~と、単純な理由とゆうか暇潰しで参加。

始発に乗って6:30に当麻寺駅に到着。 既にウヘェってなる渋滞。。。

RIMG5507.jpg

RIMG5509.jpg

この辺はとても雰囲気の良い街並みなので、別の機会に散歩しに来たいです。

RIMG5513.jpg

受付にて。。。 もはや登山じゃないですねw 通勤ラッシュですよコレ。。。

RIMG5515.jpg

ようやく受付を済ませ、何とか7:15にスタート出来ました。

7:15 葛城市ゆうあいステーション ふれあい広場 出発。

RIMG5518.jpg

意気揚々とスタートしたのものの、かなり進んでからログを取り忘れたことに気付く。

今回はGPSログはありません。 お蔭で最初から最後までiPhoneの充電が持ちました。

不覚にも、竹内峠Pの手前で桜を撮っていたらTokuさんとはぐれてしまいました。

RIMG5519.jpg

私の方が先に来ていると勘違いし、竹内峠Pで15分程タイムロス。

この15分が大きくて、金剛山PまでTokuさんに追い付くことが出来ませんでした。

7:56 竹内峠P 通過。

RIMG5521.jpg

何とかTokuさんに追い付こうと奮闘するも、階段と渋滞に阻まれて進めません。

RIMG5524.jpg

RIMG5528.jpg

ログが無いのと、写真を撮影していなかったので、岩橋山Pの通過時間は分かりません。

RIMG5530.jpg

噂通り、とにかく階段が多い。 この日は階段だけでなく人も多かったですが。。。

RIMG5534.jpg

10:19 大和葛城山P 通過。

RIMG5535.jpg

テラスから写真を撮影しようとした時に、脹脛がピキーン! 攣りました。。。

悶絶しながら痛みを堪え、強制的に歩いて治しましたが痛いの何のって。。。

RIMG5538.jpg

登りはまだ良いのですが、下りは攣り癖のついた脚にはちょっとキツかったです。

RIMG5540.jpg

水越峠までは激下りと言っても過言ではない下りが延々と続いていきます。

RIMG5541.jpg

11:04 水越峠P 通過。

RIMG5542.jpg

攣った脚を庇うので、右、左と交互に攣りそうになってペースが上がりません。

RIMG5546.jpg

気合で足を動かし、オーバーテイクを繰り返して金剛山Pを目指して行きます。

閉鎖的なトレイルからようやく景色が望める場所に。 見えるのは大和葛城山かな?

RIMG5550.jpg

階段、階段、階段で何処を歩いても階段しか歩いてないような。。。

RIMG5548.jpg

RIMG5552.jpg

12:24 金剛山P 通過。

ペースが上がらずポンコツ気味。 ようやくTokuさんに追い付くことが出来ました。

RIMG5553.jpg

RIMG5554.jpg

金剛山から先はとにかくストイック。 粛々と目の前の課題をこなす作業に近いです。

好みはあるでしょうが地味で閉鎖的な印象が強い登山道が続いていきます。

RIMG5555.jpg

相変わらず階段は多く、細かなアップダウンが疲れた身体に追い打ちをかけてきます。

RIMG5556.jpg

RIMG5563.jpg

14:01 行者杉P 通過。

ここが最終チェックポイント。 後はひたすら歩いて紀見峠を目指すだけ。

RIMG5568.jpg

RIMG5569.jpg

最後の激下り階段。 段数も長くて急勾配、最後の最後で鬼畜仕様の下りでした。

RIMG5575.jpg

抜けた~と思ったら舗装路。 嬉しさ半分、足のダメージ倍増といった具合。

RIMG5578.jpg

大阪、和歌山の県境、紀見峠に到着。 ゴールはもう目の前です。

RIMG5583.jpg

RIMG5586.jpg

15:33 南海紀見峠駅 ゴール 到着。

最後の最後まで渋滞。 渋滞と階段に始まり、渋滞と階段に終わった大会でした。

8時間強でゴール。 脚が攣らなければもう少し短縮出来たかもしれません。

RIMG5590.jpg

RIMG5589.jpg

大会を終えた感想、ゆっくり歩いてよりはトレラン向けのコースかなと感じました。

コレと言った景観も無く、とにかくストイックなドM向けのトレイルだと思います。

ともあれ無事にゴールすることが出来ました。 Tokuさんお疲れ様でした。

途中でお会いしたfacebookグループの皆様、お声掛け頂いて有難う御座いました。






THEME:登山 | GENRE:スポーツ |

COMMENT

No title

RED EYEさん

ヘビー級の私には無縁の競技ですね。
よくあんなことできるなーって思います。

逆に200kg+のバーベル持てる私も
トレランの方からするとそうなんでしょうけどね。

目目連様へ

目目連先輩、おはようございます!
いつもありがとうございます^ ^

ランナーの持久力と機動性は本当に凄いですよね。
私も、もう少しだけスピードが欲しいと思いますw
パワーとスピードを併せ持つ強靭な肉体が欲しい今日この頃です。。。

No title

こんばんは、RED EYEさん!

ダイトレ制覇おめでとうございます!
REDさんならスゲー退屈なコースだったと思います。
私ですら、二上山登った時点で帰りたモードになっちゃう
ぐらいですから。

葛城山のあの階段、イヤになりますよね。
そして足が攣る。
私もREDさんと同じポイントで毎回こむら返りになります。

mojimaro様へ

mojimaroさん、こんにちわ!
いつもありがとうございます^^

噂には聞いていましたが、階段の多さに驚きましたw
ってか階段しか無いやんっ! って言いまくってましたw

縦走路にしては珍しくほぼほぼ展望が無いですよね。
植林地を抜けて景色が変わらないので気が狂いそうでした。。。

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。