fc2ブログ
    background movie
    HOME カレンダー
    09 | 2023/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    プロフィール

    RED EYE

    Author:RED EYE
    RED EYEです。
    登山、ゴルフ、アクアリウム等、
    趣味の事を綴っています。

    アクセス
    最新記事 最新コメント 最新トラックバック
    月別アーカイブ カテゴリ メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    チタンクッカーで飯盒チャレンジ カレーライス編 2014年10月11日

    今回も山には登っていません。 自宅の庭で飯盒しました。

    アルコールストーブとチタンクッカーでカレー作りにチャレンジです。

    調理に向かない組合せ、意外な結末になりました。


    まずは準備から。 今回は米を20分程浸けています。

    お水は少しだけ多めで柔らかく炊き上げるつもりです。


    IMG_5377.jpg

    スノーピーク オゼンナルゲンボトルエバニューチタンアルコールストーブ

    トランギア マルチフューエルボトルエバニュー チタンウルトラライトクッカー

    LEATHERMAN  MUT、あとEXOTAC ナノストライカー。

    それと以前作った1.0mm厚のアルミ板。 焦げ付き防止のアイテムです。


    IMG_5376.jpg

    1.5合の米を炊き上げるアルコールの分量、60mlです。

    私の使用環境ではこの量で丁度良い感じに炊き上がります。


    IMG_5378.jpg

    飯盒の際はアルミ板を五徳に乗せて、後はひたすら放置です。

    この板のお陰でチタンでも焦げ付かずに炊くことが出来ます。


    IMG_5402.jpg

    クリックスタンドのチムニー効果で火力はかなり強いです。

    以前の記事でも触れましたが、かなりの熱量かと思われます。


    IMG_4916.jpg

    コトコトと蓋が持ち上がり始めたら重石を乗せてしばらく待ちます。

    水が多いのと火力調整が効かないので噴きこぼれてます。。。


    IMG_5380.jpg

    火が消えたらしばらく蒸す為に放置しておきます。

    その間にいよいよカレーを作っていきます。 ドキドキですね。

    今回は自宅ですので下拵えは割愛します。

    豚肉と玉ねぎのスライス、グリコ 2段熟カレー 辛口のシンプルな感じにします。


    IMG_5381.jpg

    まずはアルコールを60mlで着火、肉を炒めます。

    肉の油が出るので、肉を鍋底に塗る感じで炒めてみます。


    IMG_5382.jpg

    焦げつかさないように注意しながら鍋を上下しつつ炒めます。

    いい匂いがしてきました。 ここまでは順調です。


    IMG_5385.jpg

    山での調理を想定しているので簡単な調理にしています。

    野菜を芯まで煮込むにはアルコールでは辛いかもしれませんし。

    このタイミングで玉ねぎを投下。 柔らかくなるまで炒めます。


    IMG_5386.jpg

    軽く炒まってきたら、分量のお水を入れて沸騰させます。

    面倒なのでアク抜きとかは省略します。 山でアク捨てるのもなぁ。。。


    IMG_5390.jpg


    カレーのルーを投下! 後は焦げとの戦いです。

    鍋を上下しつつ、焦がさないようにルーをかき混ぜます。


    IMG_5391.jpg

    出来上がる直前で火が消えたので、アルコールを追加。

    結果としてカレーを作るのに150mlのアルコールを要しました。

    小1時間程掛かりましたが、何とかカレーが出来ました。


    IMG_5393.jpg

    今回は敢えて水を多めでスープカリーにしています。

    理由は食後の掃除が楽かなとゆう考えです。

    さて、肝心のご飯はどうなっているでしょうか? 大成功です!


    IMG_5395.jpg

    鍋底も焦げ付き無し! やっとコツが掴めてきました。

    ユニフレーム シリコンスプーンが超便利です。

    先が柔らかくてしなるので上手くすくい取れます。

    食べながら掃除も出来る便利なアイテムですね。

    金属同士の嫌な音も無く、クッカーに傷も付けません。


    IMG_5397.jpg

    カレーの方も初挑戦で大成功を収めました。 焦げてません。

    これなら、アウトドアでカレーを作っても怖くありません。

    アルコールストーブとチタンクッカーの組合せで大成功です。


    IMG_5400.jpg

    登山ではお皿に盛りつけませんが、自宅ですのでお皿に移しました。

    ちょっと勢い余って溢れてしまいました。。。 勿体無い。。。


    IMG_5399.jpg

    ご飯もカレーも美味しく出来上がりました。

    台風19号の接近で山行は諦めたので、良い暇潰しになりました。

    やはりスープカレーで正解です。 食べながら掃除出来ます。


    IMG_5401.jpg

    こだわってアルコールとチタンで調理した感想ですが、

    まずは意外と燃費が悪い。 燃料費のコスパは悪いですね。

    やはりストーブはガスかガソリンの方が良いと思いました。

    ランニングコストと火力調整を考えるとアルコールは不利ですね。

    勿論、故障がない、軽い、絶対に火が付くとゆう利点もあります。

    チタンクッカーに関しては、まぁ、好みでしょうねw

    何にせよ今回の実験は大成功とゆう結果に終わりました。






























    THEME:登山 | GENRE:スポーツ |

    COMMENT

    No title

    RED EYE さん

    ベストなアルコール量を掴めたみたいですね。

    チタンコッヘル+アルコールストーブなので、その辺がかなり繊細ですからね。
    あとは、標高別のベストな量の探索ですね。

    まだまだ先は長そうですが、レポを楽しみにしています。

    目目連様へ

    いつもありがとうございます^ ^

    後は実際の現場でトライするのみですね。
    実は、目目連様のブログを見て、
    ガソリンストーブに興味津々ですw

    美味しそうですね~

    サバゲーの際に夏はぶっかけ麺類とおにぎりですが
    冬場はコンロで鍋焼きうどん(冷凍)が多いです。
    本格セットは持ってませんので小型のカセットコンロですが
    友人の中にはミリメシを温めたりしています。
    1個前のコーヒーは美味しそうです。
    やはりこちらもコンビニのカップのインスタントですが
    外で飲んだり食べたりはいつもより美味しく感じます。

    No title

    美味しそうなカレーライスですね♪
    今、空腹の帰宅中なので、カレーモードになりました(*^_^*)
    アルミの板ですか!すごいですね!
    チタンでも焦げ付かずに、炊けるのですね~!勉強になりました!
    そして、カレーの具
    現地でお水を調達できれば、この作り方ですと、レトルトを持っていくより軽量化できそうですね!
    玉ねぎとお肉で旨みが出るので、とても美味しそう♪
    勉強になりました(*^_^*)

    盆踊り様へ

    こんばんわ~。
    不思議と外で食べる食事は美味しいですよね~。
    カップラーメンでも美味しくなる不思議。
    BBQが正にそれですものね。

    特に冬場は外で鍋とかヤバいですよね^^

    山と海様へ

    こんばんわ~^^
    コメントありがとうございます。

    最近、山に行けなくて手芸や実験ばかりの日々ですw
    アルミ板の効果には正直驚きました。
    理論上の計算でしたが、中々使えるアイテムです。
    カレーはめっちゃ適当に作ったのですが、美味しかったです。
    今度こそ、山の上で食べたいです(´・ω・`)

    No title

    RED EYEさん、こんばんは。

    RED EYEさんと山と海さんの記事を参考にチタンクッカーでの炊飯を
    自宅でトライし、焦げ付きなくうまくいきました。
    とても参考になりました、どうもありがとうございました。
    ヤマレコで日記にあげましたのでリンク貼っておきます。
    不都合ありましたら修正しますので仰ってください。
    http://www.yamareco.com/modules/diary/24981-detail-123192

    blogにもそのうち記事にする予定です。

    COOPER様へ


    COOPERさん、こんにちわ!
    当方のご紹介ありがとうございます^^
    恥ずかしいやら申し訳ないやら。。。

    このような記事がお役に立てて幸いです^^

    EDIT COMMENT

    非公開コメント