fc2ブログ
    background movie
    HOME カレンダー
    01 | 2024/02 | 03
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 - -
    プロフィール

    RED EYE

    Author:RED EYE
    RED EYEです。
    登山、ゴルフ、アクアリウム等、
    趣味の事を綴っています。

    アクセス
    最新記事 最新コメント 最新トラックバック
    月別アーカイブ カテゴリ メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ソフトシェル、ダウンジャケット考察 2015年1月14日

    先日、冬山装備を揃えるにあたってアウターを新調しました。

    10kg以上ウエイトダウンしたので以前の服が合わなくなってしまいました。

    まずは使用頻度が高いと思われるソフトシェルとダウンジャケットを購入。


    沢山のメーカーやラインナップがある中でどれにしようか悩みますね。

    結論から言えば実用性と機能性がまず第一に重要視する部分でしょう。

    第二にサイズ感、ブランドの好み、第三にコストパフォーマンスでしょうか。

    あまり偉そうな事は言えませんが、大体上記の様な基準になると思います。

    私の場合はサイズ感で悩まされることが多く、合うサイズが中々見つかりません。

    手足が標準より長めですので、身体に合わすと袖丈と股下が短くなります。

    逆に手足に合わせると胴回りがガバガバとゆうアンバランスな感じに。。。

    色々試着してそれなりにジャストフィットしたのがARC'TERYX(アークテリクス)でした。

    正確にはこのメーカーのSサイズが私にはジャストフィットするとゆうことですね。

    参考までに私の身長/体重は178cm/65kgです。

    胸囲は約100cm、胴囲は約78cmです。 もっと逆三の身体になりたい。。。 

    まず購入したのが Thorium AR Hoody、ダウンジャケットです。


     Thorium AR Hoody

    参考画像の物とは色違いで、私が購入したのはバイソン(ブラウン)。

    まずは全体像ですがウエスト部分は細身に造っている感じです。


    IMG_5920.jpg

    私の物は2014年モデルです。 リブのオレンジがアクセントで渋いです。

    ブラウンのカラーも流石はARC'TERYX、落着いたカラーリングですね。

    タウンユースでも問題なく着れる、非常にオシャレな感じだと思います。

    袖口は伸縮性があり、袖丈は長めで私好みのサイジングになっています。


    IMG_5921.jpg

    フードはイイ感じのフィット感でチンガードはしっかりと鼻の下まで覆ってくれます。

    IMG_5922.jpg

    ヘム部はドローコードで調節可能。 右側1箇所に付いています。

    IMG_5933.jpg

    軽量なCerium LT Hoodyとどちらにしようか非常に悩みました。

    結果的にトータルバランスでThorium AR Hoodyにしました。

    表面生地の耐久性かパッキングの収納性か、この辺りは好みだと思います。

    Thorium AR Hoodyのダウンは750フィルパワーのものを使っています。

    最大の特徴は袖口、脇下、肩、水濡れや湿気の影響を受けやすい部分に、

    ダウンではなくアークテリクス独自の化繊中綿Coreloftを使っている製法にあります。

    ダウンと化繊中綿のいいとこ取りしているハイブリッドですね。

    実際に小雨程度の雨に打たれましたが、撥水性は問題なさそうです。

    ポケットの中にスタッフサックが付属していて収納可能になっています。


    IMG_5923.jpg

    私が下手くそなんでしょうが、このスタッフサックに収納するのは一苦労です。

    何度かやっている内に慣れたのか生地が小慣れてきたのか入りやすくなりました。

    しまいには面倒臭くなって適当に畳んでザックに放り込むようになりそうです。


    IMG_5924.jpg

    先日の金剛山ハイキングの時に山頂で使用しましたが、保温力は良いです。

    ただ、体温が冷えきる前に着ないといくら良いダウンでも寒さは防げませんね。

    これは経験で分かったのですがあくまでも保温。 発熱するのではありません。

    実際に現場で経験しないと分からない事って多いですね。。。

    お次は同じくARC'TERYXGamma LT Hoody 、ソフトシェルです。


    Gamma LT Hoody

    参考画像の物とは色違いで、私が購入したのはAnvil Grey(グレイ)。

    こちらもウエストのシェイプが細めで無駄なダブつきの無いフィット感です。


    IMG_5928.jpg

    生地感としてはパリっとした固めの印象。 耐久性が高そうな感じです。

    それでいて伸縮性が高く、伸びるよりは粘るとゆう感覚に近いです。

    身体の動きに合わせて伸縮し、ストレスのない動きが可能になっています。

    実際に先日のバリエーションでも枝や岩肌の擦れも大丈夫でしたし、

    腕を伸ばしたりロープを掴んで登ったりも問題なくこなせました。

    両サイドのポケットはベンチレーションポケットなっています。

    ベースレイヤー、薄手のメリノウールセーターの上に羽織っていました。

    低山ならこの時期の冬山でも行動中はこれで充分なレイヤリングです。

    一つ残念だなと思うところは袖口。 これはベルクロ調整式にして欲しかった。

    伸縮性のある素材と組合わさって、とても良い作りなのですが細すぎです。

    腕時計をしていると脱ぎ着の際に袖が通らないとゆう細さです。


    IMG_5918.jpg

    フードの形状はヘルメット着用を想定している造りになっています。

    しっかりと顔全体を覆ってくれてドローコードによる調整も可能です。


    IMG_5931.jpg

    頭部でも調整が可能となっており、微調整が出来る使い勝手が良い造りです。

    IMG_5930.jpg

    ヘム部のドローコード。 こちらは左右に付いています。

    IMG_5932.jpg

    内ポケットも付いていますが、今のところ出番は無さそうです。。。

    IMG_5919.jpg

    こちらのソフトシェルは非常に良い完成度だと感じています。

    私の中では季節を問わずヘビーローテーションになるアイテムだと思います。

    ARC'TERYXは値段が高いといったイメージが強かったのですが印象が変わりました。

    実際に購入して着てみると細部までこだわった製法はお値段以上といった感じです。

    なにより自分の体型にフィットしてくれるのは非常に有難い話です。

    ARC'TERYXはサイズが大きめですので購入時は試着するのが良いと思います。

    ネットで購入する方はジャパンサイズより1サイズ下を購入した方が良いかも。

    デザイン、機能性が良いのも勿論のことカッコ良いのもARC'TERYXの魅力ですね。














    THEME:登山 | GENRE:スポーツ |

    COMMENT

    おはようございます、RED EYEさん!(眠い)

    アークテリクス、いきなり2品購入ですか?!
    私もわずかにこのメーカーのウェアとザックを所持していますが、貧乏なのでいずれもセール品です、、、

    アークテリクスの立体裁断の技術は世界一なんだそうです。
    なのでやっぱり高価なワケですが、山でこのメーカーの道具類を使用している人を見ると、よほど山好きなんだなあ、と感じます。

    ダウンをスタッフバッグに入れるの、面倒ですよね。
    寒冷な場所でむりにねじこむと、親指の腱が逝ってしまいそうになります。


    mojimaro様へ

    mojimaroさん、おはようございます。
    随分と早朝にコメント頂いてたようですねw
    アークを初めて所有しましたが、ハマってしまいそうです。
    アーク、パタゴニア、OR、モンベルもそうなんですが、
    ここらのメーカーってミリタリーラインも展開していますね。
    OR好きなんですが、今回はアークテリクスにしました。
    ソフトシェルに関してですがフリースライニングの物が多くて。。。
    前に所有していたタクティカルラインのソフトシェルも、
    裏地がマイクロフリースだったのですが行動中は暑くて暑くて。。。
    あの手の裏地がフリースのシェルって厳冬期の高山では需要あるんですかね??
    今回購入したGamma LTは通年使えるので重宝しそうです^^

    確かにダウンをスタッフサックに入れるのは面倒ですw
    ものぐさな私には重労働に感じてしまいますw

    コメントありがとうございました^^

    No title

    こんばんは、RED EYEさん!

    うーん、どうなんでしょうね。
    行動中暑いと感じる冬用のアウターは、基本的に汗をかきはじめた時点で、脱ぐものだと思います。
    そして雪が降ってきたり、休憩に入ったりして再び寒くなったら着る。

    私はカリマーの古いマウンテンジャケットがメインなんですが、なんとこれ透湿素材ですら無いんです。
    超絶暑がりな私は、ほとんどインナー一枚で行動しています。
    そして吹雪いた時にこの上着を着ます。
    ゴアのように汗の蒸発で急激に気化熱が奪われにくいので、体の循環系の機能が落ちにくいんです。

    でも正直、分厚いビニールのゴミ袋を何枚も重ねて着た感覚に似ています(笑)


    REDさんが今回購入されたウェアは、おそらくそういった着脱が困難なテクニカルなルートでの使用を想定したデザインじゃないでしょうか。。。
    あまり自信はないですが。。。


    それから、手袋は保温機能の高いものを使用した方がいいと思います。
    末端が冷えると冷えた血液が心臓に巡ってパフォーマンスが落ちますからね。。。
    あとグリップ性能、防水性能も兼ね備えたものを。

    mojimaro様へ

    mojimaroさん、こんにちわ。

    頂いたコメントでグローブを買い忘れてたのを気付いて、
    先日にシュラフと一緒に買いましたw
    アドバイスに従って、良さ気なのがあったのでGETしました^^

    コメント有難う御座いました。

    EDIT COMMENT

    非公開コメント