background movie
HOME カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

RED EYE

Author:RED EYE
RED EYEです。
登山、ゴルフ、アクアリウム等、
趣味の事を綴っています。

アクセス
最新記事 最新コメント 最新トラックバック
月別アーカイブ カテゴリ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

山に登る理由を考えてみた 2015年7月15日

最近、山に連れて行ってとお願いされる事が増えてきました。

その度に、「山なんてしんどいし面白んないから止めとき。」と応えています。

すると、「じゃあ何で山に登るんですか?」とお決まりの質問が返ってきます。


先日、久しぶりに会った方とお茶した時の会話。

ややこしいので私の会話は「」、それ以外は『』で表しています。

『じゃあお前は何でそんなしんどくてオモロない山に登るん?』

「これよく聞かれんねんけど、正直あんまり考えたことないんよなぁ。」

『あれちゃうん? そこに山があるから的な感じちゃうの?w』

「いやー、そんなんちゃうで。 カッコ良く語れるほど山を知らんし。」

「何やろ、多分やけど単純に山が好きなだけやと思うわ。」

『へー、そうなんや。 まぁ今度、一回ホンマに連れて行ってや。』

「あー。。。 ゴメン、俺そうゆうのホンマに無理やねん。」

「基本一人が好きやし、山で何かあっても責任取れんし。」

『何かあっても責任取れとか言わんしw 気軽に行けるとこやったら?』

「そこらのハイキングコースやったら別に経験者おらんでも大丈夫やで。」

『ホンマ全力で拒否るなw 何でそんなに拒否るん?w』

「一回やってみてもしハマったら、そん時は一緒に行こや。」

『自分で行けってかいw えらい薄情やなぁw』

「せやで、山行ったら何でも自分でせなあかんで。」

『しかしエライ山にハマってんねんなぁ。 誰かの影響?』

「全然。 リハビリで山歩いたらいつの間にか山が好きになってた。」

『キモw ホンマかいなw 山ガールとか狙ってたんちゃうん?w』

「しんどい山行ったらそんなん考えてる余裕ないでw」

「それに山女子ナメたらあかんで。 割とガチな女性多いし。」

『え~、そんなに山ってええの? めっちゃ気になってきたわw』

「まぁ、やってみたらええわ。」

『ほな何か分からんことあったら教えてや?』

「ええよ。」

「ハマったら俺みたいに四六時中山の事考える様になるで。」

「中坊ん時って常にS○Xの事考えてたやん? あんな感じw」

『下ネタw そこまではならんを思うけどw』

「健康登山か、ホンマに好きにならんと山なんかやらんと思うで。」

『てか、一人でよく登るって言うてるけど寂しくないん?』

「それはないなぁ。 むしろ一人の方が快適やな。」

『それ友達おらん寂しい奴みたいやでw』

「実際そうかも。 人と関わる仕事して、裏切られ過ぎて疲れたんもあるし。」

「俺自身に難ありやと思うけど、疎遠になった奴多いしな。」

「そんなん繰り返してたら友達って定義がよく解らんようになってしもたわw」

『いやw 冗談やんw そんな神妙な顔してマジになんなよw』

「いやまぁ、山は一人の方がホンマに気楽でええねんw」

と、こんな会話で長々と話していました。




この手の会話でよく聞かれる、山に登る理由を真剣に考えてみました。

① 単純に山が好き。 (暇があったら山の事を考えてるレベル。) 

② 自然の美しさ、雄大さ、エネルギーを感じる事が出来る。

③ 常に自分と向き合えて、自分だけの時間を贅沢に過ごせる。 

④ 本当の意味で自分に素直になれる。

⑤ 生きてる実感を感じれて、小さな幸せを感じる事が出来る。

大体こんな感じだろうか? 

決して達成感を求めていないし誰かの記録に張り合う気もない。

自分のペースで歩いて、自分で決めたルートを歩く。

適当な所で休憩して、山で作るメシを食べて美味いと感じる。

山では静かな時間を過ごして、眼前に映るモノを美しいと感じたい。



楽しみ方は人それぞれだと思いますが、私の場合はこんな感じかもしれません。


THEME:登山 | GENRE:スポーツ |

COMMENT

No title

RED EYEさん

私は『小さな幸せ』ですかね。
でも最近は、体力の低下が著しく、登ってる最中は『もう今回で終わりにしよう』と思うことも多くなってきました。
でも、下界に戻ると次の計画に入ってしまうんですよね。
ま、山を登らない人には説明してもわかんないでしょ。

No title

訳あってブログ閉めてる雲ですw

熱心にブログ書いてはるんで
熱心に読ませてもらいましたよ

で、私も山登りしますが、その理由は・・・
「現実逃避」この一言です
普段の生活では有り得ない時間を過ごしたい
そんな感じです

なので雪山なんて特に好みますねww
でも、ご存知のように大変臆病なので
メジャールートしか行きませんけどwww

目目連様へ

目目連先輩、こんばんわ(`・ω・´)ゞ

私の場合は①~⑤まで全て当てはまります。
特に小さな幸せを感じる事に喜びを感じています。
色々悩んでいても、今を生きる幸せを再確認することが出来ます。

確かに解らない方に説明するのは難しいですよねw
私も昔は何でしんどい思いして山なんか登んねん。
絶対アホやろとか思ってましたしw

だけど今はガッツリ山にハマって山が大好きです^^

雲さんへ

雲さん、こんばんわ^^
それとお誕生日オメデトウ御座います(・∀・)

多分、私の場合も言い換えると現実逃避になるんでしょうねw

雲さんの写真好きなので、またブログ再開してくださいね^^

No title

こんばんは、RED EYEさん!

山を登る理由ですか。
うーん、自分はやっぱり自然の中に身を置きたいのと、
一人になりたいってのが主な理由ですかね。

ただ、山へのモチベーションがだだ下がりの時期でも、
なんか強迫観念みたいに休日はとりあえず近くでも
山行かなくちゃ…って思うことがあります。


なんででしょうね。
さすがにこれは私だけと思いますが。


mojimaro様へ

mojimaroさん、おはようございます!

最近よく質問されるので考えてみましたw
結論は理屈なしに山が大好きなんだと思います^ ^

強迫的観念は解る気がします。
私の場合は迷ったら行きませんが、
何故か行こうとしてしまう事が多いですw

EDIT COMMENT

非公開コメント