background movie
HOME カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

RED EYE

Author:RED EYE
RED EYEです。
登山、ゴルフ、アクアリウム等、
趣味の事を綴っています。

アクセス
最新記事 最新コメント 最新トラックバック
月別アーカイブ カテゴリ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大峰奥駆道 逆峯 全山縦走 2015年9月19日~2015年9月22日 ③

目が覚めたのは23時過ぎだった。 意識を失うように眠っていたようだ。

起きて動き始めようと思ったが、小屋内に他に2名の方が居たので躊躇った。

風が強いのか、小屋の外では何かが当たる音が断続的に聞こえていた。

前記事はコチラ
大峰奥駆道 逆峯 全山縦走 2015年9月19日~2015年9月22日 ②

大峰奥駆道 逆峯 全山縦走 2015年9月19日~2015年9月22日 ①

用を足す為に静かに小屋の外に出てみた。 やはりガスで何も見えない。

休む前、小屋の周りにガスが出始めていたので、こうなる事は予想出来ていた。

しかも小雨が降っているようで、出発するにはコンディションが悪すぎた。

結局、他の2名が起きだす4時過ぎまで動きが取れず、小屋でゆっくりしていた。

関東から来られている男性は、ここから前鬼へ下りてリタイアされるとの事だった。

行者還小屋から時々一緒になった女性は、熊野本宮大社を目指して続行との事。

彼女は吉野からスタートし、五番関で一度下山して、再び大普賢岳で奥駈道へ復帰。

伝統を守り、女人禁制の山上ヶ岳を迂回して大峯奥駈道に望んでおられた。

私は山屋の端くれ者として、素晴らしい山屋としての彼女に対して尊敬の念を抱いていた。

RIMG2655.jpg

9月21日 4:23 深仙ノ宿 出発。

RIMG2657.jpg

濡れた笹藪でブーツを守る為、ロングタイプのゲーターを装備していたが無駄だった。

面倒でも、レインパンツを装備した上でゲーターを装備するべきだったと後悔。

深い藪では膝上から濡れてくるので、結局はブーツ内への浸水を許してしまった。

5:03 太古の辻 通過。

ようやく奥駈道の約半分まで通過した。 ここから南奥駈道に入る。

RIMG2660.jpg

RIMG2662.jpg

RIMG2663.jpg

歩き始めると直ぐに暑くなり、ハードシェルジャケットを脱いだ。

既にブーツの中は湿って気持ち悪いが、ゲーターを外すことは出来なかった。

出発時間は予定より4時間ほど遅れたが、その分ヘッデンを使う時間が短くて済む。

多めに予備電池を持ってきたが、節約出来ることに越したことはない。

空を朝日が照らし始めた。 先日とは違って曇り空ではあるが幻想的な色合いだ。

RIMG2666.jpg

RIMG2669.jpg

RIMG2670.jpg

石楠花岳、名前の通り石楠花が群生している。 通り抜けるには一苦労。

石楠花の枝がザックやマットに引っ掛かる。 半袖を着ていると肌を切るかもしれない。 

RIMG2672.jpg

6:22 天狗山 通過。

再び辺りにガスが立ち籠める。 幻想的な雰囲気ではあるが眺望は望めない。

RIMG2673.jpg

RIMG2675.jpg

RIMG2676.jpg

6:39 奥守岳 通過。

南奥駈は山頂の眺望は余り無く、奥ゆかしさとゆうか、信仰の色が濃いように感じた。

RIMG2677.jpg

RIMG2680.jpg

7:17 天狗の稽古場 通過

RIMG2682.jpg

天狗の稽古場を過ぎると、第26の靡 地蔵岳(子守岳)の山頂。

7:23 地蔵岳(子守岳) 通過。

RIMG2683.jpg

暫くは草原の中を開放的に歩く、気持ちの良いトレイルが続く。

RIMG2685.jpg

8:07 滝川辻 通過。

RIMG2686.jpg

8:27 剣光門(拝み返しの宿跡) 通過。

名前の通りだと思うが、何を拝み返すのだろうか?

RIMG2688.jpg

道標の時間は正確。 日帰り装備やU.L装備であればもっと早く進めると感じた。

RIMG2691.jpg

8:58 涅槃岳 通過。

涅槃とゆう名前が好きで、以前から地図を見て気になっていた涅槃岳。

特に眺望が望める訳でもなく、期待していたよりは地味な山頂だった。

ここは第24の靡。 やはり南奥駈は修験道の雰囲気が色濃く感じらる。 

RIMG2692.jpg

RIMG2694.jpg

9:28 証誠無漏岳 通過。

南奥駈に入ってからよく見かける新宮山彦ぐるーぷの看板。

この山岳団体は、南奥駈道の再興と整備、保全、山小屋の維持管理の活動をされている。

登山道も実に良く手入れされていて、今日、私達が快適に歩けるのもこの会のお陰だろう。

ここから中八人山へと行くことが可能。 寂峰ともあり、この辺りはとても静かな雰囲気。

RIMG2697.jpg

快適なトレイルから急に雰囲気が変わった。 鎖場等の危険箇所が連続する。

ここは直登でなく、写真の右側からロープ伝いに巻くが、足元が狭く危険。

RIMG2698.jpg

写真では判り辛いが、ほぼ直登直下の鎖場がある。 距離も長く非常に神経を擦り減らす。

RIMG2700.jpg

少し歩き易くなっても、 阿須迦利岳までは急登が連続する。

RIMG2703.jpg

10:00  阿須迦利岳 通過。

RIMG2705.jpg

濡れたブーツの中が気持ち悪くて、そろそろ休みたいと思っていた。

阿須迦利岳から約20分、ようやく腰を落ち着かせることが出来る小屋に到着。

10:20 持経宿 到着。

ここで少し休憩を取る。 ブーツを脱ぐと、ブーツ自体は着干しで乾いていた。

濡れていたのはウールソックス。 裸足になって足とソックスを天日干し。

RIMG2707.jpg

小屋に置かれていた置き水でハイドレーションに水を補給させて頂いた。

小屋付近の林道を少し下ると水場がある。 ここは宿泊するには最適な小屋だ。

RIMG2708.jpg

10:40 持経宿 出発。

小屋で充分休ませて頂いた。 林道を経て、再び南奥駈道へと入っていく。

RIMG2709.jpg

RIMG2711.jpg

11:00 持経千年檜 通過。

RIMG2713.jpg

RIMG2715.jpg

RIMG2716.jpg

11:31 両又分岐(中又尾根分岐) 通過。

RIMG2720.jpg

この辺りで猿の集団に出くわした。 谷の方を見ると随分と大きな猿が闊歩していた。

大き過ぎる。 ゴリラより大きいし黒い。 熊だった。 子熊を2匹連れた母熊だった。

幸い、私と熊は30m以上の高度差があるので、難なくやり過ごすことが出来た。

RIMG2723.jpg

11:38 平治宿 通過。

ここも手入れされていて非常に綺麗な小屋だった。 管理されている方に感謝。

RIMG2724.jpg

RIMG2726.jpg

RIMG2727.jpg

小屋を通過し、転法輪岳を目指す。 小屋から20分程で転法輪岳に到着。

RIMG2728.jpg

12:11 転法輪岳 通過。

RIMG2732.jpg

転法輪岳を過ぎると、再び歩き易いトレイルが続く。 疲れた身体には嬉しい道だ。

RIMG2733.jpg

RIMG2735.jpg

RIMG2737.jpg

12:46 倶利伽羅岳 通過。

RIMG2739.jpg

RIMG2741.jpg

この後、オーバーナイトで奥駆道を歩くのだが、とんでもないミスを犯してしまう。

恐らく私の山登りの中で、熊とエンカウントした事を除けば最も危険な状況と言える。

それについては、続きの山行記録も含めて、次回の記事で述べようと思う。







THEME:登山 | GENRE:スポーツ |

COMMENT

No title

RED EYEさん、こんばんは!

南奥駈とはマニアックですね。
私も去年、超短い距離を歩いたのですが北部と違って
人が少なくワイルドな雰囲気がぷんぷんしますね。

このあたりになるとやっぱり熊もよく出没するようですね。
貴重な野生動物なので、生息はしてほしいのですが、
個人的には二度と出会いたくはないです。


続き期待しています。

mojimaro様へ

mojimaroさん、おはようございます!

雰囲気としては南奥駆は静かで好きですね~。
マニアックな感じが堪らなくそそられますw

私も至近距離での熊さんとのエンカウントは勘弁です。。。

ドラクエ3でマドハンドでレベル上げしてて、
うっかりマドハンド2匹倒してしまって大魔神呼ばれる位の絶望感ですw

いや、若しくはバイオハザードで弾薬なくてリッカーに遭遇した時かな。。。

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。