background movie
HOME カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

RED EYE

Author:RED EYE
RED EYEです。
登山、ゴルフ、アクアリウム等、
趣味の事を綴っています。

アクセス
最新記事 最新コメント 最新トラックバック
月別アーカイブ カテゴリ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大峰山 弥山と釈迦ヶ岳 2015年12月登り納め

12月23日は大川口から鐡山経由で弥山へ。

12月30日は前鬼から深仙ノ宿まで登ってきました。

2015年は本当に色々と素晴らしい経験を積むことが出来ました。


まずは12月23日の山行記から。 Mさん、Hさんと3人で弥山へ。



6:00 大川口ゲート 出発。

ゲート手前の橋を渡り、鐡山コースへ取付く。 夜明け前の隠密行動。

RIMG4239.jpg

RIMG4241.jpg

地図通り、急登な尾根筋を進んで行くコースで登り応えがある。

RIMG4242.jpg

RIMG4243.jpg

RIMG4248.jpg

基本的には手足を使っての登りとなり、思ってたよりは登り易い。

RIMG4252.jpg

暖冬で雪の状況が不明だったが、念の為に全員が冬用の装備で臨んだ。

冬山での油断は命の危険に直結する為、用意周到過ぎても充分過ぎることは無い。

RIMG4257.jpg

夜が明けてきたが、空は雲で覆われており気温は低いままだった。

RIMG4262.jpg

振り返り稲村ヶ岳方面を望む。 近い内に宝剣探しとバリゴヤに行く予定。

RIMG4266.jpg

木々の隙間から行者還岳方面を望む。 奥駆道を歩いた記憶が蘇る。

RIMG4267.jpg

相変わらず急登は続き、鐡山 山頂まではこの様な登りが続く。

RIMG4268.jpg

高度を上げるに連れて展望が良くなる。 大峰山は本当に山が深い。

RIMG4271.jpg

岩を攀じ登り、木の根を攀じ登り、樹林帯を抜けて鐡山へ。

RIMG4275.jpg

RIMG4276.jpg

RIMG4277.jpg

RIMG4304.jpg

RIMG4305.jpg

RIMG4292.jpg

岩が凍りついている箇所では緊張感があった。 バイルで削り、手懸りを作り進んだ。

RIMG4311.jpg

8:40 鐡山 山頂 到着。

RIMG4315.jpg

鐡山を通過し、急峻な下りを進んで行くと鐡山ルンゼを見ることが出来た。

RIMG4319.jpg

RIMG4320.jpg

石楠花を掻き分け進む。 この辺りが香精山の筈だがよく判らなかった。

RIMG4322.jpg

やはり登りより下りの方が緊張感がある。 雪が乗ればもっと難易度は上がるだろう。

RIMG4331.jpg

修復山の取付き。 この辺りからは私が先頭を取りナビゲーターを務めた。

RIMG4344.jpg

弥山を望む。 奥駆道には雪がありそうだったが、思ったより雪は少なそう。

RIMG4343.jpg

修復山付近は樹林帯になり、コース取りは自由だが迷い易い。

私は双門から一度上がっている。 迷ヶ岳からも少しややこしかった。

RIMG4346.jpg

RIMG4348.jpg

RIMG4350.jpg

10:18 修復山 山頂 通過。

RIMG4355.jpg

修復山から弥山までは立ち枯れの森と樹林帯を進んで行く。

ガスが立ち込め、幻想的な大峰らしい雰囲気を見せてくれた。

RIMG4360.jpg

RIMG4365.jpg

弥山神社の手前で獣害ネットに行く手を阻まれてしまった。

ネット沿い進み、ネットが切れている部分から先に進むことが出来た。

RIMG4366.jpg

11:15 弥山神社 到着。

RIMG4368.jpg

今回の目的は冬期奥駆道に挑戦する兄弟の為、食料と燃料をデポする事。

目的は果たされたので、小屋で飯を食い、早々に下山することにした。

RIMG4371.jpg

RIMG4373.jpg

ピークハントが目的ではないし、天候が怪しい。 予想より早く雨が降り出した。

下山を急ぐも凍結した木製階段と薄く乗った雪がペースを上げることを許さなかった。

RIMG4390.jpg

RIMG4391.jpg

RIMG4394.jpg

RIMG4397.jpg

13:00 聖宝ノ宿跡 通過。

理元大師像に触れてすらいないのに、天候が崩れてしまった。

RIMG4399.jpg

階段を下りきると雨が激しさを増したので、一気にペースを上げて先を急いだ。

RIMG4402.jpg

RIMG4404.jpg

13:30 弁天の森 通過。

RIMG4407.jpg


ここで下山ルートを確認。 思ったより雨が強く降り始めている。

下った先がスタート地点の大川口に近いので、小坪谷ルートを予定していた。

この雨量で雪が緩む恐れもあり、足元の悪さからペースが上がらない。

相談の末、奥駆出合から行者還トンネル西口へと下山ルートを変更した。

長い舗装路を歩くことになるが、天候を考えると早く登山道を離れる必要があった。

RIMG4411.jpg

急ぐが決して焦らず、慎重ながらもハイペースで登山口を目指す。

RIMG4414.jpg

奥駆出合から20分と掛からずに登山口まで降りてきた。

RIMG4420.jpg

川で泥まみれになったブーツとゲイターを洗い流す私。

20151223_7346.jpg

登山口まで降りてきた途端に雨が弱くなるといったお決まりパターン。

RIMG4422.jpg

14:30 行者還トンネル西口 通過。

RIMG4428.jpg

ここから1時間掛けて無事に下山完了。

次は12月30日の山行記。

冬期奥駆チャレンジしている兄弟を激励する為に前鬼から釈迦へ向かった。

いや、向かう予定だったが、前夜の電話で事態は急転することになった。

丁度、ザックに荷物をパッキングしている最中に1本の電話が鳴った。

奥駆チャレンジ中の兄弟からの電話だったが、どうも様子がおかしい。

順峯で進み、昼には玉置山を通過していたが、笠捨山付近でルートロストしたらしい。

電話の内容はロストした場所から稜線を目掛けて直登している。

完全冬装備で臨んだが雪は無く、30kgの荷物が足枷となっていたようだった。

30日に太古の辻で合流し、今回のアタックを断念するとの事だった。

後で分かった話だが、ペース配分をミスったのも大きな要因だったと考えられる。

早朝からMさんと前鬼へと車を走らせたが、嫌な予感がしていた。

兄弟はタフな男だ。 それでも胸を締め付ける不安は抜けなかった。

早朝に行仙宿を出ていれば昼過ぎには太古の辻で落ち合える計算だ。

しかし昨夜の電話の後、無事に行仙宿に辿り着いたかは不明だった。

電話を掛けるも圏外。 私は行仙に向かうか前鬼に向かうか悩んでいた。

前夜に太古の辻で落ち合う予定だったので、結局は前鬼に向かった。

車止めゲートを6時過ぎに出発し、8:30には太古の辻に到着した。

その時に私の携帯の電波が入り、8時前に兄弟から着信があったようだった。

折り返したが、相手の電話が圏外。 まさかとは思ったが深仙ノ宿に向かった。

途中で雪の上に兄弟のトレースが無いことに気付いた。

彼は私と同じ、LOWAバイスホルンを履いているからすぐに判った。

深仙ノ宿まで進み、直ぐに太古の辻へと戻ることにした。

携帯の繋がる場所でやっと連絡がつき、無事が判りホッとした。

しかし行仙宿で留まっており、15km先の太古の辻まで進めないとの事だった。

私達は急いで下山し、行仙宿から降りた425号線まで迎えに行くことにした。

前鬼から行仙の取付きまで車で30分程、兄弟と相棒の姿を見て泣きそうになった。

怪我も無く無事だったが、体力を使い切り少し疲れた様子だった。

今回のチャレンジに賭けてた想いと努力を知っているだけに、

私は彼らに掛ける言葉を探したが、何と言って良いか分からなかった。

ただ無事に再会出来て良かった。 仲間の生還が何より嬉しかった。

今年の登り納めは大事な仲間と再会することが出来た素晴らしいものだった。

何があっても無事に生きて帰る、これが一番大事な事だと思う。

今回のチャレンジを断念した兄弟達の勇気に心から敬意を払いたい。

THEME:登山 | GENRE:スポーツ |

COMMENT

No title

こんばんは、RED EYEさん!

夢を追い求める仲間のためにサポートする姿勢はすばらしい!
結局は断念せざるを得なかったようですが、絆はより深くなったことでしょう。


私がつまらない記事を書く度にRED EYEさんからコメントを頂き本当に感謝しています。

本年は本当にありがとうございました。
くる年がREDさんにとって素晴らしい年でありますように、
そしてより多くの名山と出会えますように
心から祈っております。

mojimaro様へ

mojimaroさん、明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。

いつもmojimaroさんの山行記を参考にさせて頂いています。
今年は奈良のマイナーな山を攻めますので、
色々とアドバイス頂ければ幸いです^ ^

本年もどうぞよろしくお願いします^ ^

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。